about Jewelry 唐々創 (karakaraso)

 

はじめまして、ジュエリー唐々創の佐藤知子です。

 

多くの人が宝石に惹きつけられるのと同じように、私も子供の頃から宝石に限らず、あらゆる石に魅了されてきました。

 

私の場合は、両親の元で早いタイミングから宝石と身近に触れ合える機会に恵まれたことを、今となってはとても感謝しています。

 

その環境のお蔭で宝石が発する魅力、とりわけ宝石たちの中に宿っている不思議な力の虜になってしまいました。

 

言葉ではうまく表現できない、目に見えていない宝石の不思議な力。

 

宝石たちの存在に宇宙を感じてしまったのです。

 

まさにサンテグジュペリの「星の王子さま」のキツネの名台詞のとおり。

 

”心でみなくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。”

 

その”見えていない大切なこと”が、宝石の中にも宿っているのです。

 

そんな風に宇宙に繋がっていて”大切なこと”を宿している宝石たちが大好きです。

 

 

それぞれの宝石たちが宿している”大切なこと”を感じるように努めながら、私は長い時間宝石と向き合ってきました。

 

今では、私たちとは違う方法で、宝石たちは彼らなりの意識の在り方をもって存在していると思えています。

 

ジュエリーを製作する時も、石たちからの微かな合図をとても大切にしています。

 

そしてオーダーメイド・ジュエリーのご依頼をいただいた場合は、お客様の雰囲気である”その人らしさ”を宝石たちと一緒に形にしていきます。

  

”お客様らしさ”がジュエリーデザインという形となって姿を現したら、宝石たちとの共同作業でジュエリーという立体にする作業が始まります。

 

出来上がったジュエリーは、お客様に身につけていただいて、お客様の雰囲気に溶け込んだ時に完成です。

  

素敵なお客様方の魅力溢れる雰囲気をもとに生まれたジュエリーたち。

 

宝石たちからの合図をもとに、宝石たちと一緒に作りあげたジュエリーたち。

 

そうして出来上がったジュエリー唐々創 の世界の一部をご覧いただけたら幸いです。

 


技術にも裏付けされた世界に一つだけのジュエリー

 

宝石鑑別資格を持つオーナーである私が責任をもって、お客様のための宝石をひと粒ひと粒お選びしています。

 

厳選したお客様の宝石が決まったら、イタリア仕込みのデザイン力と彫金技術を活かしてジュエリー製作が始まります。

  

お客様の雰囲気をジュエリーという形にするためには、”お客様らしさ”を感じる宝石たちをひと粒ひと粒選別するところから始まります。

 

こうした手間と時間を惜しまず、妥協しない製作スタイルを続けてきた事で、世界に一つだけのその人らしさが際立つオリジナル・ジュエリーが出来上がります。